お嬢様

2014年6月現在人気No.1の酵素ドリンクはお嬢様酵素だと思います。5月には短いテレビCMもやっていましたね。特にインチキ酵素ランキングサイトで1位にゴリ押しされているのが本当に嫌なので、正直な私の意見を書きたいと思います。ちなみに、私がオススメできる酵素ドリンクは食品添加物が入っていない、酵素エキス(植物発酵エキス)が100%の酵素ドリンクです。では、なぜお嬢様酵素がオススメできないかを解説します。

1. 酵素(植物発酵)エキスの配合量が少ない

元々酵素ドリンクは酵素(植物発酵)エキスを飲むための健康ドリンクでとても古くから知られている健康飲料でしたが、体に良いことを理由にダイエットに応用され出したのが現在の酵素ドリンクダイエットです。そもそもダイエットで置き換えまたは断食をすると栄養成分が不足したりお腹が空くので、それを満たすために目がつけられたのが植物を発酵させた酵素ドリンクで、とても理に叶っているものです。

だから、プロテインダイエットやヒルズダイエットよりも置き換え食として最適だと私も思っていますが、今人気の酵素ドリンクは本来たくさん入っているはずの酵素(植物発酵)エキスの入っている量がとても少ないんです(汗)

本来の酵素ドリンクとは酵素(植物発酵)エキスが100%で混ぜ物は一切ありません。

ところがお嬢様酵素は混ぜ物がたくさん入っているだけではなく、1番多く入っているのがマルチトールシロップというのが事実です。

じゃあ、本当はたくさん入っているべきの酵素(植物発酵)エキスはどれだけ入っているのかというと、ペーストで20g/720ml(※ネットで見かけた記事の数字。事実確認は問い合わせ中)。ペーストというのは、万田酵素のような少しネバネバした液体状のものです。

普通の酵素ドリンクは、野草、果物、野菜+砂糖でドロドロの酵素ドリンクができます。このドロドロ状の酵素ドリンクに熱を加え水分を飛ばすことにより酵素のペーストが完成します。これをまたシロップ(水も入っているかも?)などで薄めたのがお嬢様酵素です。普通はこんな二度手間なことをすることは面倒くさいし、コストもかかるはずなのに事実行っているのは二度手間なので大人の事情が色々あるんでしょうね・・・

私も仕事柄色々な酵素ドリンクを知っていますが、こんな二度手間製法をとっているのはお嬢様酵素しか知りません(汗)それぐらいお嬢様酵素は異質な酵素ドリンクなので、個人的には酵素風ドリンクと呼んでいます。

2. マルチトールシロップが入っている

1.と関連してきますが、お嬢様酵素にはマルチトールシロップというシロップが入っています。このシロップはカロリーが低く健康に良い原料なので、商品を開発する側にとっては好都合なもので消費者にとっても悪い点がないとても良いものです。でも本来は酵素ドリンクに加える必要はありませんし、ましてやマルチトールシロップが入っているのが1番多いという事実を考えると、「酵素ドリンク」とは呼べないと思うのは私だけでしょうか・・・

3. 甘味料が入っている

本来の酵素(植物発酵)エキスには、砂糖が多く入っており独特の甘みがあります。特に黒糖で植物のエキスを抽出している酵素ドリンクは黒糖味が強く苦手という口コミが多くあるぐらいです。ところが黒糖で抽出しているお嬢様酵素は、黒糖味が苦手という口コミを全くみたことがありません。おそらくですが、酵素(植物発酵)エキスの量が少なすぎて本来あるはずの甘みが感じられないんだと思います。だから、飲みやすくするために甘味料を加えているのではないでしょうか?

個人的には甘味料を色んな商品に配合してきたことがある自分自身なので、甘味料の配合自体は反対ではありません。不味くて飲みにくいものは売れませんからね。

4. 保存料が入っている

安息香酸ナトリウムという保存料がお嬢様酵素には入っています。よくネットの記事で安息香酸ナトリウムは危険だという記事を見ますが、安全性は非常に高くみなさんが時々飲む栄養ドリンクにも配合されています。だから、安全性は高く危険ではないのが安息香酸ナトリウムです。ただし、本来酵素(植物発酵)エキスが100%の酵素ドリンクには、保存料である安息香酸ナトリウムは必要ではありません。

なぜなら酵素(植物発酵)エキス自体が発酵食品なので腐らないからです。でも、お嬢様酵素は酵素エキス以外の混ぜ物がたくさん入っているために腐る可能性があるために、安息香酸ナトリウムを入れて腐ることを防いでいます。

5. 増粘剤が入っている

ペクチンという増粘剤が入っています。これはジャムなどに粘性を高めるためによく使われる素材で食品添加物ではなく食品素材なので安全な成分です。これも本来の酵素ドリンクには全く必要がない素材ですが、お嬢様酵素は薄めて酵素ドリンクを作っているので、本来の酵素ドリンクのような少し粘度がある状態にならないために加えられていると思います。

本来必要がないものを加えることほど無駄なことはありません。

6. 香料が入っている

私が個人的にオススメしている優光泉はぬか漬けの臭いがすると評判で、不味いという口コミが後を立ちません(苦笑)でも、これが本当の酵素ドリンクなんです。発酵食品だから漬物臭がして当然です。

ただし、これでは一般的な消費者には受け入れられません。まあ当たり前の話です。だから、お嬢様酵素には美味しく飲めるように香料が加えられており、美味しいという口コミがとても多いです。

7. 着色料が入っている

カラメル色素という着色料が入っています。コーラにもよく使われているお馴染みの素材です。発がん性があるとか度々議論されていますが、私が調べた範囲では問題がない着色料だと思います。これを使う理由は2つあり、酵素ドリンクっぽい色にすることと、褐変(色が茶色くなること)を防ぐ目的です。

私もドリンク類の商品を開発したことがありますが、予め色を茶色くすることはよくあることで、無駄なクレームを防ぐためにやります。いくら問題がないと言われてもドリンクの色が途中で茶色く変化したら嫌なものですからね。

8. ビタミン類とコラーゲンが入っている

これは商品をたくさん売るためには必要な手段なのですが、ビタミン類とコラーゲンが配合されています。配合する理由は入れると売れるからです。この他にもベルタ酵素のようにヒアルロン酸、デルダス酵素のようにプラセンタなど、美容系の素材を入れることは健康食品業界では鉄板ネタです。

9. 発酵していない素材が入っている

お嬢様酵素の販売ページをよく見ていただくとわかるのですが、野草64種類+果物野菜22種類とあり、どうもこの果物野菜22種類は発酵をさせていない、という記事を見かけました・・・

これは別に悪いことではないのですが、酵素ドリンクに入っている果物、野菜、野草は発酵させているのが当然のことなので、もし本当に発酵させていないのであれば、それがわかるように販売ページに書いてもらいたいです。

特にネットでお嬢様酵素を紹介している人のほとんどがこの事実を間違えており、86種類の発酵原料などと書いているので、誤解を招かない表記にしてほしいと思っています。

まとめ

私が今でも商品を企画販売する側でしたら、お嬢様酵素というのは非常によくできた酵素ドリンクだと思います。本来は不味くて臭いもきつい酵素ドリンクを美味しくし、なおかつパッケージも可愛くし、これだけ消費者に受け入れらて(売れている)いますからね。

肝心のダイエットを考えても酵素ドリンクは100%品だろうと、薄められたものだろうと、ダイエット効果の差はほとんどないと個人的に思っています。多少腹持ちの差はあると思いますが。

ただ、酵素ドリンクは100%品が健康に1番よくなおかつダイエットができるのであれば、食品添加物の混ぜ物が入っていない酵素ドリンクの方が良いと思っています。

個人的に1番オススメなのは優光泉酵素です