添加物の嘘と本当⑤ 実は安全な自然由来のステビア抽出物

ステビア

●ステビア
現在、わが国では食品添加物、及びハーブとして使用され、米国及び欧州でも食品添加物として認められ、清涼飲料水をはじめ多くの食品に使用されています。

●原料
弊社では、掛け合わせ選抜による品種改良を行い、味質の良いレバウディオサイドAを主成分とする品種を開発(日本と米国、及び中国にて特許取得済み)し、さらに系統を維持するため、挿し木による栽培をしています。

●ステビア抽出物
ステビア抽出物は、ステビア乾燥葉から抽出、精製したもので、甘味成分(ステビオールを骨格とする配糖体:ステビオール配糖体)として80%以上含んでいます。ステビオール配糖体にはステビオサイド、レバウディオサイドA、レバウディオサイドC、及びズルコサイドA等の成分があり、乾燥葉中に約10%含まれています。

●製品の特長
一般的なステビア甘味料は、ステビオール配糖体の含有量で規格されており、各甘味成分の甘味度、及び甘味質が異なるために製品の品質は一定に保たれませんが、弊社のレバウディオシリーズでは製品の品質差を小さくするために、レバウディオサイドAとステビオサイドの二成分の値で調整し、品質管理を行っています。

引用元:盛田化学工業のHPより

酵素ドリンクをレビューしている色んなみなさんのサイトを見ることがあるのですが、時々見かける間違いがステビアは甘味料だから危険という指摘です。

確かに過去に危険性が指摘がされたことは事実なのですが、現在は安全であるという見解が各国で認められています。今でもさらなる安全性の試験が繰り返し行われており、安全な証明の資格が多く認められています。

そもそもステビアは他の甘味料、アセスルファムカリウムやスクラロース、ネオテームと違い、植物葉っぱ由来の天然の甘味料です。私も実際に葉っぱをもらいかじったことがあるのですが、葉っぱなのに甘いんですよ。そんな不思議な植物がステビア。

ちょっと古い話ですが、大塚製薬のポカリスエットにもステビアという商品があったぐらいの有名な甘味料です。

ただ、残念なのが原材料表示でどうしても「甘味料」と記載しないといけないんです。だから、よく誤解をされて他の甘味料と一緒に悪者扱いされていますが、ちょっと食品業界に詳しければステビアの良さを知っている人も多いです。

だから、酵素ドリンクにもしステビアが入っていたら悪いのではなく逆に信頼ができる酵素ドリンクの可能性があります。まあ、本来酵素ドリンクとは砂糖の塊なので、ステビアの力を借りなくても良い場合がほとんどなんですけどね。

「ステビア」は安全な甘味料なので商品選びに迷った時に甘味料でステビアが入っている食品を選べば失敗が少なくなると思いますよ。