a0002_004863

酵素というものは身体に必須の栄養素のひとつといっても過言ではないのです。しかし、この酵素は体内で不足をすることが多いというのも現実です。

なぜ酵素が不足してしまうのかというと、まずはその酵素というのが熱に弱いというようなことをあげることができます。そのために食品などに含まれている酵素が加熱調理をしたせいで失われてしまうというようなこととなってしまうのです。

そうなってしまうとせっかくの酵素を体内に摂取することができなくなってしまうのです。ですから、効率的に酵素を取り入れるためにも食品をきちんと選ぶ必要が有るのです。

そうした酵素が大量に含まれている食べ物として有名なのが納豆です。納豆は酵素以外にも多くの有効的な栄養素が含まれているので、なるべく多めに食べたい食品のひとつです。

納豆以外にも色々酵素が含まれている食品はありますが、しかし、なるべく効率的に大量に酵素を摂取するためにも、酵素ドリンクなどを利用するということを考えるのもいいのではないでしょうか。

酵素ドリンクならば、ドリンクとなっているので、毎日飲み続けることも難しくありません。また、酵素ドリンクというのは、非常に効率的に酵素が取り入れることができるように作られていますので、酵素ドリンク一本だけで大量に酵素を摂取することが可能ということになっているのです。このようにして、不足しがちな酵素を取り入れて健康を保ち続けることができるといいですね。

酵素のおもな効果としては細胞に働きかけることにあります。ミクロのレベルで体内の活性化を図ってくれることによって、体内からダイエットができるようになったという点では非常に大きな発見です。酵素ドリンクは野菜ジュースなどと同じような感覚で飲むことができるので、非常に飲みやすく毎日摂取しても全く苦痛になることはありません。

そのような気軽さも非常に高く評価されています。酵素ドリンクに含有されている成分としてはリパーゼがあります。リパーゼは全ての細胞に含有される成分の1つであり、脂肪を分解する酵素として働きます。脂肪を分解してくれる酵素が外部から取り入れられることによって、脂肪分解がより活性化されるので、効率的なダイエットが可能になります。

このリパーゼは、納豆に多く含有されています。特に、納豆をよくかき混ぜることによって発生する粘り気がリパーゼの発生に大きく関係しています。そのために、500回以上かき混ぜることが推奨されているのですが、その納豆の成分が酵素ドリンクに応用されています。現在では納豆をそのまま原材料として利用している酵素ドリンクもあります。しかし、とうぜん納豆の臭みなどを除去しているので、無理なく摂取し続けることができます。

※この記事は美容ライターさんが作成した記事です。


酵素ドリンクを飲んで酵素を摂取しましょうという内容の記事は大変多くありますが、その考え方は間違っていると思っています。なぜなら酵素ドリンクには酵素はわずかしか含まれていない可能性があるからです。

酵素ドリンクは法律の関係で65℃以上での殺菌が義務付けられています。酵素の多くは65℃の高温になると失活してしまう(働きがなくなる)ものがほとんどだからです。

ただし、失活しない酵素がいるのも事実ですが、そんなに都合良く耐熱の酵素を摂取することは難しいと思います。

それでも酵素ドリンクを摂取する意味はあります。乳酸菌や酵母菌といった有用菌や、ビタミンなどを自然な形で摂取することができるからです。だから加熱殺菌されても酵素ドリンクを摂取する意味は充分にあります。