a1180_003641

酵素の働きの重要性が各界で注目されつつありますが、酵素をしっかりと摂取するためには酵素を破壊しないように気をつけながらの摂取となるので、熱を加えないようにしながらの摂取となります。そのために、できる限り植物を生で摂取するようなことになるのですが、中々生の野菜などを毎日摂取することは簡単ではありません。

そこで発売されているのが、酵素を効果的に摂取できる酵素ドリンクです。酵素ドリンクは、植物由来の酵素を失活させないように十分に注意した上で、合理的な手法で果汁を採取しているので、酵素がほとんど失活しない状態で摂取することができます。

また、含有されている成分によっても酵素の種類が異なるのですが、酵素ドリンクの中でも特に効果的な果物があります。それがパイナップルです。パイナップルを利用した酵素ドリンクは、特に人気が高く、もちろん味の面での評価も高いのですが、やはりその成分的な部分の評価が大部分を占めています。

というのも、パイナップルに含有されている酵素は胃液で分解されることがありません。これは、胃の中の消化を助けてくれることにつながるので、特に夕食が遅い時間帯になってしまった時などでも、翌日の胃もたれなどがほとんどなくなります。

パイナップルの酵素が消化を手助けしてくれるので、睡眠中もしっかりと消化が進行しています。このことより、胃の中に残っている胃液が少なくなるので、胃もたれが少なくなります。このように果物の中でも、酵素の種類によって働きが異なります。

最近では酵素ドリンクに注目が集まっており、様々な原材料を元にしてドリンクが作られています。その中でも強力な酵素とされているのが「ブロメライン」であり、パイナップルに含まれている酵素です。

よく酢豚にパイナップルが入っているのは肉を柔らかくする効果があるためで、この働きもブロメラインによるものです。ただし、シロップ漬けとなっているパイナップルは既に加熱されているため酵素が壊れており、そのまま酵素ドリンクに活用しても意味がありません。あくまで生のパイナップルを用いることが大切であり、市販されている濃縮還元されていない100パーセントジュースであれば非加熱のものを選ぶことで、酵素ドリンクとして飲めます。

パイナップルのブロメラインの効果としては、消化を助ける働きが挙げられます。タンパク質を分解してくれますので、食事と一緒に酵素ドリンクとして飲むと良いです。また人によっては花粉症やアレルギーの症状が緩和されることもありますので、自分の体に適した酵素ドリンクかを試してみるのが望ましいです。さらに抗炎症剤としての働きもありますので、運動をした後やケガ中にパイナップルを使用した酵素ドリンクを飲み続けると回復が早くなるというケースもあります。

自家製のパイナップル酵素ドリンクを作るのであれば、上白糖と混ぜて作るようにします。あくまで加熱をすることなく、毎日混ぜていくと気泡が見られるようになるので、そうなれば飲み時となります。

※この記事は美容ライターさんが作成した記事です。


パイナップルに含まれるブロメイラインはとても効果的な酵素ですので、パイナップルを生で食べるのは大変オススメです。最近のスーパーでは既にカットされたものが販売されているので、私もよく購入して食後ではなく食前に食べています。

今回の記事でもパイナップルの酵素は、酵素ドリンクでも摂取できると書かれていますが、私個人の意見ではパイナップル酵素のブロメラインが含まれている可能性は低いと思っていますので、パイナップルは酵素ドリンクではなく、生のパイナップルを食べることをオススメします。