酵素ドリンクの購入の決めては、CMや広告のイメージの良さを見たり、芸能人が使用しているからという理由が、多いと思います。

逆に私は仕事柄広告慣れしているせいか、芸能人の●●さんがイメージキャラクター起用されていても全く興味がないどころか、広告費の予算枠がたくさんあってうらやましいなと思うぐらいで、購入の決め手には一切なりません。

全く知らないジャンルの商品を購入する時は、良くも悪くも実際に購入した人の口コミ(特に悪い口コミを重視し欠点を探す)の内容を見て判断します。
でも、最近は自作自演の口コミが多く本当のユーザーの口コミを探すのが大変ですが・・・

酵素ドリンクの正しい選び方は色々なポイントがありますが、「悪い酵素ドリンクを選ばないための3つのポイント」を紹介します。

3つのポイントに気をつける

1. 肝心の酵素(植物発酵エキス)が原材料表示の1番最初に表示されていない

2. 食品添加物が多い(香料、着色料、保存料など)

3. 甘味料が使われている

※巷で言われている食品添加物を摂取し過ぎると体内にある代謝酵素が無駄に消費されるという理論は全く信じていません。新谷弘実先生のミラクルエンザイムの影響を受け過ぎです。私が信じているのは、食品添加物を複数摂取すると、「誰にも安全性がわからない」ということだけです。

1. 肝心の酵素(植物発酵エキス)が原材料表示の1番最初に表示をされていない

酵素ドリンクを飲む目的は、酵素(植物発酵)エキスを摂取して体の調子を良くすることが目的です。
果物や野菜の発酵エキスで作られているので、栄養価が高く体への負担も少ないので、「置き換えダイエット」として人気があります。

ただし、酵素エキスは野菜や果物・野草などの抽出エキスの砂糖漬けなので、独特のクセがある味になります。。
そのため、酵素のエキスの量を少量にして飲みやすくしている酵素ドンリクが増えており、私はそれを「酵素風ドリンク」と呼んでいます。

これ自体は悪いことではなく酵素ドリンクの市場規模が広がることに貢献したので、良いことだと捉えています。
でも、その酵素風ドリンクが、さも100%酵素ドリンクと同じぐらいに健康に良い・ダイエットに良いとアピールされている点は、個人的に受け入れがたいです・・・

某青汁の「マズイもう一杯!」じゃないですが、マズイ物を飲むと体に良い物を飲んでいると思いプラセボ(偽薬)効果もあるなど、良いこともたくさんあります。
確かに味が大事なのはわかりますが、元の酵素エキスを少量しか配合していない商品は、本来の酵素ドリンクとは主旨が異なります。

だから、原材料表示の1番最初に「植物発酵エキス」や「野草エキス」など、酵素の元となっている原材料名が来るのがベストです。

これが2番目、3番目以降の商品は酵素風ドリンクの可能性が高くなるために注意が必要で、酵素エキスが少ない分余計な原料を配合する必要が出てきます。

また1番最小に酵素原料が表示されていても「酵素風ドリンク」になる商品も存在しますが、かなり細かい説明が必要な尾で省略します。

わかりやすいように例えを出すと100%酵素ドリンク「優光泉」の原材料表示です。
野菜などの表示名称以外は一切ありません(加工補助剤として麦芽糖を使用しているが、加工材のため表示の必要なし)

2014-04-14 17.35.06

2. 食品添加物が多い

1.と同様に健康になるものを飲むために酵素を飲むので、食品添加物はできる限り避けたいです。特に避けたいものは、食品添加物が複数含まれている物です。例えば、お嬢様酵素に含まれている添加物は、

・香料
・甘味料(スクラロース、ネオテーム)
・カラメル色素
・安息香酸ナトリウム

と、実に5種類もの食品添加物が含まれています。よくカラメル色素や安息香酸ナトリウムは体に害だという論を聞きますが、これでも単体の摂取では問題がないと国が認めている食品添加物で実は安全性が高いです。

ただし、このような食品添加物が複数組み合わさると、安全性は?になります・・・

だから、お嬢様酵素は流行っている酵素ドリンクの中で1番買いたくない酵素ドリンクです。しかもマルチトールシロップ(甘みを加える原料)が1番最初に来ていてもはや酵素風ドリンクだと言えます。同じ酵素ドリンクとは言え、似て非なるものです。

そして、最後の3つ目

3. 甘味料が使われている(せっかくの酵素エキスが台無しなので甘味料はなし)

甘味料の有無ですが、これはごくごく個人的な意見です。私はサプリの商品開発職の時に甘味料を使っていたのですが、どうしても口の中に残る変な甘みが苦手です。だから、甘味料が入っていない物を選びます。

ちなみに1番苦手な組み合わせが3つの甘味料が組み合せてあり、甘味の曲線が極力砂糖に近づけたという技です。これだけは、どうしても苦手て炭酸飲料などはほぼ一口飲んだだけで満足してしまいます。

ここでもお嬢様酵素を取り上げてしまい大変申し訳ないのですが・・・・
・甘味料(スクラロース、ネオテーム)
ネオテームの甘さは1番最後に来ます。甘味曲線の参考例の図を載せます、ネオテームは載っていません。

sute_02

このように甘味曲線と呼ばれる山を複数の甘味料を加えることによって、砂糖の山と似たような形になり人間の味覚は満足できます。

ただ、ここにあれこれ手を加え過ぎると人工的になってしまい逆に敬遠されてしまいますのでほどほどが良いです。

という感じでわかりやく説明したつもりですが、酵素ドリンク選びの参考にしていただけると幸いです。

>>>3つのポイントに合格しているオススメ酵素は優光泉