お嬢様

当サイトでは散々お嬢様酵素の名前が出てきます。たぶん、1番キーワードとして多いと思います。今回もまたお嬢様酵素を参考に酵素ドリンクについて説明をしていきます。

私はお嬢様酵素の販売方法は広告展開の点から見ると、非常に素晴らしい成果をあげた商品だと思っています。何もお嬢様酵素自体は嫌いではありませんが、無知な人が意味不明な採点基準でランキングサイトで1位にしていることが嫌いなだけです。

ちなみにお嬢様酵素でダイエットの成功する確立は、私が薦める無添加酵素ドリンクでも成功確率は変わりません(ぶっちゃけて言えば酵素ドリンクを正しい置き換えダイエットで毎日飲めば、どの酵素ドリンクであろうと痩せることができます)からね。

そんな愚痴はさておいて、今回はお嬢様酵素の華麗なる酵素ドリンクの改造方法を紹介します。

1. 酵素エキス不味いから薄めて美味しくしよう
2. 薄めてもまだ不味いから液糖を入れて味を整えよう
3. え?まだ不味いじゃん。じゃあ次は甘味料で調整しよう
4. ちょっと甘くなり過ぎたので酸味料も入れてバランスを整えようか
5. 味はいいんだが香りが微妙だから香料入れて美味しくしよう
6. 何か色々いれたら薄くてシャビシャビなのでトロミでゲル化剤を
7. 色んなもの入れたら褐変しやすくなったので、茶色の色素で安定化
8. 色んな物入れたら腐りやすくなるから、保存料も入れて安定化
9. 流行りだからコラーゲンも入れよう
10. 健康のためには、やっぱビタミンも添加ね

とこのように非常に手間をかけて(企業努力)酵素ドリンクの改造をしています。

●植物発酵エキス以外の原料一覧、表示順

マルチトールシロップ(2.液糖)
コラーゲンペプチド(8.コラーゲン)
クエン酸(4.酸味料)
香料(5.香料)
ペクチン(6.ゲル化剤)
スクラロース(3.甘味料)
ネオテーム(3.甘味料)
カラメル色素(7.色素)
安息香酸ナトリウム(8.保存料)
ビタミンB6 (10.ビタミン剤)
ビタミンB2 (10.ビタミン剤)
ビタミンB1 (10.ビタミン剤)

と、このように酵素エキス以外にもたくさんの原材料が使われています。

本当はそれぞれを全部解説したいのですが、さすがに全部解説すると怒られる気がするので止めておきます(汗)ブームがさればひと通り詳しく解説しても良いかもしれませんね。

各添加物の説明はこちらのページです。添加物の嘘と本当

酵素ドリンクの変な点なのですが、酵素エキス(植物発酵)が入っていれば、酵素ドリンク!ですと堂々と言えてしまう点です。

これは何もお嬢様酵素が悪いのではなくそういう法律がないことが悪いんですよね。

最近だと調味料などは、「みりん風」という表現がある通りで、お嬢様酵素も「酵素風ドリンク」または「酵素ジュース」という表現が適当だと思います。

だから個人的にお嬢様酵素は女子高生から20代前半の若い女性向けだと認識しています。別に大人の女性が購入することを否定するつもりはありませんが、大人の女性ならもっと美と健康を意識して優光泉などの酵素エキス100%の本物の酵素ドリンクを選んでほしいと思っています。