apple-16890_640

食品の原材料名を見ると、「果糖」や「果糖ぶどう糖液糖」という記載がありますね。ダイエットをする上で糖分の質や量を管理することはとても大切なことです。さて、この二つの糖類の違いをご存知ですか?

ダイエットを成功させるには、単糖類である「果糖」と「ブドウ糖」の仕組みと違いを良く知ることが大切です。

果糖とブドウ糖の違い

「単糖類」とは分子構造上分解されない最小単位の糖類のことで、体内への吸収のされ方がそれぞれ違います。まずはこの「果糖」と「ブドウ糖」の違いから、「果糖ぶどう糖液糖」などの異性化糖よりも果物由来の果糖がダイエットに有効である理由を詳しく紐解いて行きましょう。

果糖は血糖値が上がらないのでダイエットに最適

「果糖」は、果物やハチミツ、根菜等に含まれており、砂糖の1.5倍の甘みがあると言われています。口当たりが非常によく、老若男女が安心して使うことが出来る糖類です。

果糖は体内に入ると肝臓で代謝されますので、血糖値の上昇が見られません。

血糖値の上昇が肥満を引き起こすと言われていますから、果糖はダイエットの強い味方だと言えるでしょう。果糖はゆっくりと体内に吸収されます。食物繊維やビタミン・ミネラルなどの有効成分も豊富に含まれていますから、ますますダイエットがはかどり体が健康になっていきます。

ブドウ糖は血糖値を上げて肥満を引き起こす

一方ブドウ糖は、小腸から吸収されたのち、血液に吸収されて血糖値が高くなります。すい臓から出たインスリンによって血糖値が下げられた後はエネルギーとなります。その後に残った余分なものは排出されません。中性脂肪となり体内に残ってしまうのです。

ブドウ糖の摂り過ぎは肥満を引き起こします。ダイエットの大敵だと言えるでしょう。

異性化糖は肥満を引き起こす

それでは「異性化糖」とは一体どういったものを指すのでしょうか。異性化糖は、デンプンが酵素などによりブドウ糖に分解された後、さらにその一部を酵素により果糖に変換された糖類のことです。

簡単に言うと、ブドウ糖と果糖を混合したものと言えますね。

デンプンにはジャガイモやサツマイモなどがよく使用されます。市販のアイスコーヒーや清涼飲料水、めんつゆなどの調味料などに入っているので、知らず知らずのうちに摂取していることが多いのですね。

異性果糖は大変口当たりがいいため、大量に摂取してしまいがちです。夏の暑いときや汗をかいたときは、500mlのペットボトルであればすぐに空になってしまいますよね。甘い飲料でもゴクゴクと飲めてしまうのは、この異性果糖が配合されているからなのです。

また、近年の研究で、異性化糖は肥満や高血圧症などを引き起こす原因だということが分かってきました。

ダイエットだけではなく健康な体を維持するためにも、異性化糖の摂取には注意したいものです。

ダイエットには果糖がオススメ

果糖は吸収が穏やかで血糖値を上げず、またビタミンや食物繊維が豊富です。「果糖ぶどう糖液糖」などの異性化糖よりも、果物由来の果糖がダイエットに適しています。

糖類を取るなら果糖を積極的に取り入れていくことをオススメします。ただし、いくら果糖であっても、食べすぎては太ってしまいます。なんでもバランスよく取り入れて美を追求していくことが大切です。

実は酵素ドリンクにもダイエットの敵の異性化糖が含まれている

実はダイエットも目的で飲んでいる酵素ドリンクにもこの異性化糖が含まれていることがあります。

一見どの酵素ドリンクもカロリーが同じように見えるのですが、この異性化糖を使って甘みを出している酵素ドリンクがあります。

酵素ドリンク選びには異性化糖が入っていない酵素ドリンク、特に酵素エキス100%の酵素ドリンクがオススメです。