breakfast-352461_640

乳酸菌ダイエットとは? 効果と方法について。はじめに

今「乳酸菌ダイエット」が注目を浴びています。人気の理由としては、第一にリバウンドの心配がないということが大きいようです。食事制限ではなく腸内環境を整えて代謝を良くするダイエットですから、無理なく痩せられるという理論なのですね。

また体にも過度な負担がないため、心身のストレスを感じずに長く続けられるところが魅力なのでしょう。さて、ここではその「乳酸菌ダイエット」の効果と方法について、詳しくみていきましょう。

「乳酸菌」は腸内環境を整える「善玉菌」の一種

そもそも「乳酸菌」とは一体どういうものなのかご存知でしょうか?腸内には大きく分けて「悪玉菌」と「善玉菌」が存在しています。「善玉菌」は腸内を酸性に保ち害のある菌を退治してくれます。乳酸菌は、この「善玉菌」の一種です。

乳酸菌はヨーグルトやキムチなどの発酵食品に含まれています。適度に摂取することで腸内環境を整え、代謝を整えてくれますから、体の内部から健康になりダイエットが出来るのです。

「悪玉菌」は腸内環境を乱す「悪者」

さて、一方の「悪玉菌」についても知っておきましょう。「悪玉菌」は腸内をアルカリ性にもっていきたがり、腸内の抵抗力を弱めます。腸内の抵抗力が落ちると下痢や便秘を引き起こします。

また、食生活が偏ると腸内環境が乱れて便秘になってしまいます。腸内での吸収や排出のリズムが乱れると食生活も乱れてしまうという悪循環に陥ってしまうのですね。乳酸菌を摂取することで腸内を「善玉菌」優位の環境に保つことが、ダイエットをするうえで大切になってくるのです。

乳酸菌ダイエットのメリット

乳酸菌ダイエットのメリットは、「気軽に始められる」ことにあります。乳酸菌ダイエットは乳酸菌の含まれている発酵食品を摂取するだけのお手軽なダイエットです。

食べたいものを我慢しつづけると人はストレスを強く感じます。ストレスを感じると体にも悪影響を及ぼすのはよく知られていますよね。腸の運動もにぶくなってしまい、悪玉菌が増えてしまうのです。乳酸菌ダイエットはとにかくストレスフリーのダイエットと言えるでしょう。

乳酸菌ダイエットのデメリット

一方、乳酸菌ダイエットのデメリットはどういったものがあるのでしょうか。実は、乳酸菌が含まれる食品には脂質やカロリーを多く含むものが多いのです。いつもの食事に乳酸菌を含む食品をプラスすると、トータルの摂取カロリーは増えますよね。

いくら腸内環境が整うとは言え、消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ体重は増えてしまいます。また、乳酸菌ダイエットは即効性のあるダイエットではありません。体重や体脂肪がなかなか減らないとダイエットにも身が入らないもの。結局挫折をしてしまう人も多いのですね。

おわりに

乳酸菌ダイエットは、キムチやヨーグルトなどの発酵食品を食べて腸内環境の改善をはかるお手軽なダイエットです。面倒な食事制限がないので無理なくダイエットができます。

しかしいつもの食事に乳酸菌を含む食品をプラスするとその分摂取カロリーが増えてしまうのも事実です。
また即効性があるとはいえません。ゆっくりと腸内環境を改善し、体質を変えていくことが大切です。

酵素ドリンクダイエットと乳酸菌の関係

酵素ドリンクは、ヨーグルトやキムチと同じように発酵食品のため乳酸菌が豊富に含まれています。発酵の過程でドンドン有用な乳酸菌が増えて、とても健康に良いドリンクになるのです。

乳酸菌ダイエットに興味がある人は、ぜひ酵素ドリンクダイエットにチャレンジしてみて下さい。